食事で防ぐ恐ろしい糖尿病|糖質防いで元気な生活

介護

腎機能のための食生活

看護師

食生活の改善の必要性

腎臓病を患っている方にとっては、日々の生活で口に運んでいる食事のメニューを、腎臓の疾患に応じて考えていくことが必須となります。 不養生なフードスタイルから身体の中に入るたんぱく質、さらに塩分、そしてカリウム、またはリンなどの栄養分などを通して、腎臓の機能は酷くなります。腎臓の負荷を多少なりとも軽減させ、機能を復調して長い期間利用していくには、食事制限を欠かすことはできません。 かつては、食事は自由でもよいという考えもありましたが、望ましい状態を長期にわたりキープしていくことを考えれば、的を射た栄養の管理する必要があります。豊富な栄養摂取することと食生活を自由にすることは全く異なるものといえます。

透析治療を防ぐために

慢性の腎臓病透析患者の死亡される要因をみると、依然として、心不全、あるいは脳血管障害、そして心筋梗塞といった食事内容と密接に関係しているとみられる死亡原因が多くを占めていると言えます。 あらためていうまでもなく、これらに関して、的を射た腎臓病に応じた食事制限を実施していれば、助かっていた場合もあったと想定されます。 食事によってケアするということに拒否感がもたらされる方もいるかもしれませんが、たんぱく質であるとかリンといった摂取を抑えると、腎臓病の腎機能の低下をゆるやかにすることができます。 現代では、糖尿病を原因とする透析患者も非常に大きく上昇しています。こういった現状のままでは、食事制限の重大性はさらに増してくるといえます。